篝火

篝火

レンガの地を訪れ、夢中になって撮影をしていた。

日没を迎え、撤収の身を整えたその時、暗く冷えた狭間からふと上を仰ぐと、
沈む夕日が最後の力を振り絞るように、傾いた電柱の頂を照らしている。
レンガの倉庫はまるで輝く先端に照らされたかのようにぼうっと光る。

松明のようなその先は、まるで線香花火がすうっと落ちるように。
   息を呑む程の時間で空に還って行った。

#深谷レンガ

閲覧数 57回