深谷市の白なす

深谷市の白なす

深谷伝統野菜『白なす』
深谷市では、明治時代から農家の自家用や漬物用野菜として栽培されていた『白なす』。中山道沿線で栽培されていたこともあり、別名『中山道なす』とも呼ばれ、深谷市のB級グルメ『煮ぼうとう』やうどんの具材として昔から食されてきた『深谷伝統野菜』です。
そんな『白なす』、収量が少なく栽培が難しいことなどから、生産者の減少に伴い生産量が少なく、市内の直売所に少量が出荷される程度なので、市内でも手に入れにくく「幻の野菜」とも言われているのですが、梅雨明け間近の深谷では、市内の直売所や飲食店での提供が始まるようです。
今年の夏は深谷の『白なす』をご賞味ください♪

#深谷市 #白なす #野菜

閲覧数 40回